好きを強みにつなげて起業する

はじめまして。泰子です。

わたしは

【好き】で起業する方法をお伝えしています。

厳密には

【好き】で起業するのではなく

【好き】を強みにつなげて起業する、なのです。

この違いわかりますか?

そう、【好き】だけでは起業できないのが現実です。

だからこそ、好きを強みにつなげるのです。

このブログでは【好き】を強みにつなげるヒントを

お伝えします!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
          「好き」を仕事にする、落とし穴        
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

2020年からのコロナ危機。

世の中が副業解禁・フリーランスな働き方

に注目が集まるようになりました。

その結果、好きで起業する

が当たり前のように言われるようになりました。

とても耳障りのいい言葉ですよね。

ですが、

「好きで起業する」

だけでは、不十分。

大きな落とし穴があるのです!

それは、

好き≠仕事

どういうことかというと、

好きを仕事にしている方は

もれなく【好き】を強みにつなげて起業しているのです。

好きを仕事にしているだけであれば、趣味と同じ。

仕事である以上、「ありがとう」と受け取ってくださる

お客様の存在をないがしろにはできません!

お客様に「ありがとう」と言っていただける状態とは?

たとえば、お誕生日ケーキを買うとしましょう。

ケーキ作りが大好きなAさん。

週末にケーキを焼いていておすそ分けで頂く分には

とても美味しいのですが、スポンジの焼き加減にムラがあります。

一方、パティシエのBさん。

お店はいつ訪れても味に安定感があり、

当たり外れがありません。

大切な子どものお誕生日ケーキにお金を出すとしたら、どちらにしますか?

もちろん、安定感抜群のBさんですよね。

そうなのです、お仕事としてお客様に提供する

ということは趣味の枠を超えたプロフェッショナルとしての

安定感が不可欠。

プロフェッショナルの安定感はどのように生み出されるのか?

その秘密を次では解き明かしていきますね。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
       1万時間の法則をご存じですか?        
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

1万時間の法則をご存じでしょうか?

一流と言われる方の練習時間は、だいたい1万時間だとか。

そう、プロフェッショナルに求められるのは

時間×経験

なのです。

ですが、ご安心ください。

【好き】「強み」につなげることで

経験を効率よく活かすことができます。

アートが【好き】なわたしは無意識に人と向きあうときも

アートを鑑賞するように見てしまうクセがありました。

つまり、

無意識にしていたことを見つけることで

1万時間の練習を積み重ねていた

ということなのです。

他にも売れる営業の方が

なぜ売れるのかを

一緒に検証したことがあります。

その方の場合も、

幼少期から練習を積み重ねていたのです、

しかも無意識に。

そう、あまりにも当たり前にしているからこそ

気づかないままの「強み」

しかも好きなことだから

まるでゲームをしているように

日々積み重ねていたのです!

さらに「好き」を強みにつなげると

こんなメリットが!!

好きを強みにつなげる=ムダなストレスが激減

ここからは、

【好き】

「強み」につなげる

メリットをお話させていただきますね。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
       好きを強みにつなげた先にあるもの      
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

【好き】

「強み」につなげるメリットは、

息をするように無意識にできること。

息をするときに吸って吐いて、と意識しないですよね。

つまり、

気合!努力!根性!

とモチベーションを上げまくらなくても

自然体でできちゃうのです!!

その結果、

緊迫したストレスから解放され

くらしに余裕が生まれます。

余裕が生まれると

いつも笑顔でいられるし

子どもや家族の関係がどんどんよくなる。

思わず笑顔↓   ↓    ↓

さらに、人間関係がどんどんラクになります。

日々のくらしに豊かさを感じながら

人間関係もラクになり、

【好き】なことでお金を生み出せるのです。

これが

【好き】強みにつなげた

先の未来です。

たった8つの質問に答えるだけ!

強みがわかる無料診断がございます。

ぜひ、お受け取り下さい♪

タイトルとURLをコピーしました