ここだけの話。人はプロフィールであなたを判断する。

自分発信でお金を生み出すはたらき方「はたらく美学道」主宰の永嶋泰子です。

これからは正解を自分で創る時代。

自分発信をしてはたらき方をデザインし、お金を生み出す「はたらく美学道」へ。

はじめて授乳したとき、立ったとき、離乳食を食べたときetc…

頭の中で走馬灯のように思いだしますね、子どものこと。

聞かれなくても「うちの子は」ってサラサラっと出てくるもの。

だけど…自分のことは出てこなかったりしませんか?

たとえばプロフィール。

お仕事をするのならば「私はこういう人なんですよ~」というのを知っていただくために、最重要!!

で、ありながら…

「何年も更新していません」

「どこから手をつけていいかわからない」

そんな声を聴きます。

とはいえ、初対面の方と会う前はかならずプロフィール確認しますよね?

「どんな方なんだろう?」

「どういうことをしてきたのかな?」

事前に知っておきたい、安心しておきたい、という気持ちがあるから。

スーパーのお野菜でさえプロフィールのある時代です。

「〇〇県の〇〇さんが作りました」

顔写真つきでポップ、ご覧になったことあるかと思います。

わざわざこういうことをするのはなぜだと思いますか?

お野菜ひとつにしても、「なに」を買うのか?ではなく、

「だれ」から買うのか?という時代になったということです。

つまりどんなものかわからないものは、手にもとってもらえない。

まずは、「私はこういうものですよ~」というプロフィールが、安心感を生むんですね。

さて、先日のことです。

「プロフィールを書こうとしても進まないんです」という方がお見えになりました。

自分がどんなお仕事をしているのか、を伝えるのはもちろん、伝えたいエピソード、思いがたくさんあると

もりだくさんになってしまいますよね^^

一方で、何が伝えたいか?がわからず「書きたいことがわからない」ということもあります。

一見、まったく正反対にみえますが、どちらも問題の根っこは同じなんですよ。

つまりは、あなた自身の揺らがない思いがないということです。

ですが、この揺らがない思いがとても重要なんです!

木でたとえると根っこの部分になるくらいに!!

根っこが腐っていては、どうにもならないですよね?

それくらい大切なところなんです!

腐った根っこで長持ちしないのは小学生でもわかること

この根っこは、「使命」と言われたり「理念」といわれます。

実は、この「使命」や「理念」なくしてプロフィールを書くことはできないんですよ。

そうして使命が描けたら、あなたらしさが満開に花開いたプロフィールになります。

「とりあえず書いておけばいいよね」

というプロフィールはオススメできません。

その「とりあえず」が読み手に伝わるからです。

ご存じでしたか?

人のコミュニケーションは非言語が9割以上。

ですので、とりあえずで書くのはやめておきましょう(笑)

さて、以上を踏まえてあなたらしさ全開のプロフィールを堂々とつくりあげてくださいね♡

永嶋泰子

タイトルとURLをコピーしました