インスタ映えは終わり?「信頼に価値がある」時代へ。

こんにちは、永嶋泰子です。

美しいお金を生み出すためには、信頼を築くことが必要不可欠。

先日、ネット検索していたら「インスタ映えの時代は終わり」という記事を見つけたんですよ~。

私も「インスタ映え、イタイな~」と思っていたので「そうだよね~」と激しく共感。

記事によると、映える写真でなく、日常の一コマみたいなのが求められているとか。

思わず「本当に大切なものは目に見えない」という星の王子様の一説が浮かびました。

私流でいうと、インスタ映え=目に見えるもの。

美しいもの・憧れを、写真という目に見えるかたちで表現したものだから。

だけど、それってなんとなく嘘くさいな~って気づく人が増えたのだと思うんですね。

時代は目に見えるもの→目に見えないものに軸を置きはじめているのではないか、

と思ったのでした。

目に見えないものというのは、見えるものよりもはるかに多くあります。

たとえば、赤外線・紫外線。

感情。

そして、信頼。

とはいえ、目に見えないというと怪しい響きがするのか、まだまだ目に見えるものに軸を置く方が多い現実。

その代表例が目に見えるものに軸を置く人はお金を持っている=エライという価値観。

お金がある、というのは結果にすぎないのですけどね。

それが「なにがなんでもお金を得る」世界です。

ですが、人はつながり持つことでしか生きられない。

歴史的にみても、狩猟時代から150人くらいの群れでくらしていたことがなによりの証拠。

つながりを持つためには、お互いに「信頼」がなければできません。

だから、幼稚園では国語や算数をまっさきに教えないんですよね。

〇嘘はいけない

〇挨拶をする

〇感謝をする

という人として必要なルールができなければ生き残ることがむずかしいからです。

これからは、目に見えないものに軸を置く時代へ。

永嶋泰子

タイトルとURLをコピーしました