正解を自分でつくる食のくらし。

こんにちは、永嶋泰子です。

さて、このところつくづく実感するのは、健康=自分を愛しむ。

人生3大お悩みは

〇お金

〇人間関係

〇健康

と言われますし、体調が悪いと一喜一憂することが多くなりますよね。

まずは自分を愛しむ。

美しいお金を生み出す世界では大前提です。

そうすることで、自分が行きたい道を「決める」ことができるようになり、

表現することでお金を生み出せるようになるんです。

図にすると、

このようにすべてが循環してるんですよ。

その中で、一番の土台は「愛しむ」

なぜ愛しむかというと、愛しむことによってエネルギーが湧き出すからです。

要は、元気になるということですね。

仕事も、子育ても健康でなければできない一大事業。

だからこそ、愛しむが土台なのです。

さて、愛しむために今日からできるシンプルなこと。

食べ過ぎない。

そもそも、現代人は食べ過ぎ。

糖尿病は、飽食の時代だからこそ出現した病とも言われていますしね。

 (妊婦・授乳中の方は別ですよ)

世の中には「3食きっちり食べるべき」という暗黙の了解があります。

が、人によって顔が違うように体も違います。

3食がいい方もいれば、2食でいい方もいる。

正解は自分がつくるのです。

食べ過ぎにならないおすすめの方法をお伝えしますね。

夜ご飯を抜く。

特に16時間空けることが理想的。  

というのも、 オートファジーという効果が現れるからです。    

オートファジーとは、細胞のなかの余計なものを細胞が取り除く自助システム。  

つまり、ちいさな掃除機のようなものが細胞の中を掃除してくれるのです。    

これは16時間空けたときに出現すると言われているんですね。  

というわけで、その日の調子に合わせてご飯をいただくようにしていますよ~。  

健康の土台は、食事から。

当たり前のことを見直すと、自然と愛しむことが上手になっていきますよ^^

すると、エネルギー満タンでやる気がみなぎるのです!

永嶋泰子

タイトルとURLをコピーしました