天使のむすめのこと(4)覚悟がないままの入院。そして夜間の救急搬送。

こんにちは。永嶋泰子です。

6ヶ月検診で子宮頸管長が短いと指摘された2日後。

※子宮頸管長は通常4センチほど。出産が近づくにつれ短くなりますが
妊娠6ヶ月ですでに3センチになっていたのです。

ふたたび病院へ。

さすがにこのときはお腹の張りを感じており、待合室のベッドで横になる程。

自分でも状態が良くないと認識できるほどでした。

診察の結果、子宮頸管長はさらに短くなり2.8センチ。

荷物を取りに帰ることもなく即、入院。

診察室の向かいにある病棟に通されました。

そして、すぐに子宮収縮を抑えるウテメリン点滴がはじまりました。

私が生きてる限り動き続ける臓器…子宮。

22週で生まれても助かる確率は恐ろしく低く、おなかの赤ちゃんにとって母体にとどまることがベストな状況。

点滴は24時間。

出産するまで。

治療法はそれ以外になく、ベッドの上で寝るだけ。

その後、入院の手続き、同意書など様々な書類にサイン。

もっともショックだったのは今後の治療方針の同意書に
「36週(2015年2月末)まで入院させることが望ましく」とあったことでした。

入院したのが2014年11月17日。

何週間、何ヶ月なのだろう…

そう考えると無事に出産できる週数に達するまで

ひどく気が長く、入院がずっと続くことに目の前が真っ暗になったほどです。

….

切迫早産が
どんなものかわからなかった私は

「すぐにでも生まれるかもしれない」と気が動転し、

母に応援を頼んで入院初日に福岡から来てもらいました。

夫も、そして母も、この一文を読んで思わず日数を数えたと言います。

妊娠期間が十月十日とはいえ、病室に閉じ込められたマタニティライフを誰が想像したでしょう。

不安で不安で仕方なくて夜はこっそり涙することもありました。

…..

けれども、2度の出産を経て生きた子を持つ母になったいまの私は、当時の自分をこう思うのです。

そのときの私は覚悟が決めれてなかった。

突然のことの動揺とともに

自分がイメージしていた「マタニティ」と乖離していたことへのショックが大きかった、と。

外で見る妊婦は元気、はつらつ、
いかにも幸せそうに歩いてるように見えました。

幸福をそこら中に振りまいてるようにすら見えていたのです。

それに引き換え、切迫早産と言われ入院を余儀なくされた私は24時間点滴。

この薬の効果がどのほどなのかもわからないし、正直、医師に対する信頼もなかった。

まだこのときは医師や看護師にとって”いい患者”であろうとしていたのです。

そっぽを向かれたら困る、いい子にしたいなければ。

そんな思いが強かった。

このときはまだ、誰かにとっての「いい人」でありたかった。

でも「いい人」である必要はないんです。

ありのままの正直な気持ちで心を伝えたら、不安を言えたらよかったのに…

結果、その病院での入院は6日間でした。

11月22日の夜、どんなにウテメリンの値を上げてもお腹の張りが収まらず。

当直医に内診してもらった結果、子宮頸管長1.8センチ。

「この病院では見られない」。

急遽、総合周産期母子医療センターのある大学病院へ転院することになったのです。

永嶋泰子

タイトルとURLをコピーしました