生きることは ”自分がどうしたいのか”を問うてゆくこと、一生。

こんにちは、永嶋泰子です。

未来を担うものの一員としてそして”いま”を生きるのならば
過去の経験から学びそして未来に生かしたい。

一人の女性として
妻として
母として

「生きるってこんなに楽しいことなんだよ!」
ってことを子どもたちや若い方に
伝えていく存在になりたいんですね。


8月の記事でこんなことを
書いていました。


>>タイトルは「私に還る」。


こちらの記事では
こんなことを書いていました。



この記録は”天使ママ”の立ち直るまでの記録でなく

「生きることは、奇跡の連続なんだよ!」
「いま、生きていられるということは
本当は素晴らしいことなんだよ!」

「だから、あなたは他の誰でもないあなたの人生を生きて」
  

生きることは
”自分がどうしたいのか”
”自分がどうありたいのか”を

問うてゆくことだと。

一生、です。

そしてこれが”私に還る”ということ。

”どうしたいのか”がぶれることがあるのかもしれない。

”どうありたいのか”見えないときがあるかもしれない。

けれども、こうして日々ブログに思いを綴り書き続けることで

確実に私は”人生は自分で選んでいる”と認識するようになりました。

どんなできごとも、です。

生きていれば思わぬアクシデントに見舞われたり、ものすごくラッキーだと思うことがあったり山もあれば谷もあって当然。

でも、そんなときこそ自分の心に正直になって

”自分がどうしたいのか”
”自分がどうありたいのか”を

見つめ直すチャンスでもある。

まさに、9月後半からむすめのことを書いて、
自分の原点に還る思いをしています。

実は…
すべてを書き終わったあとどうするか、

実はまだ考えていないし見えてもいません。

ただ、私の経験を通じて

「生きることは、奇跡の連続なんだよ!」
「いま、生きていられるということは
本当は素晴らしいことなんだよ!」

と伝え続けて生きたい。

いまはそれだけです。

今日あなたが
生きてこのブログに出逢ってくれたのも
奇跡の連続だから。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

今日が素敵な1日になりますように。

永嶋泰子

タイトルとURLをコピーしました