天使になったあと〜妊活編(8)ようやく卵胞が育っていた、3回目の生理あと。

こんにちは、永嶋泰子です。

無排卵のまますぎた3月、4月。

月に1、2回、産婦人科に通いエコーで子宮と卵巣の状態を診てもらっていました。

子宮内膜の厚さと卵胞の状態をチェックすることでおおよその排卵日を予測することができるのです。

そして、5月。

ようやく、ようやく生理再開3回目にして卵胞が育っていました。

”ああ、よかった”と安心したことを覚えています。

妊娠する可能性が生まれた、と。

また、医師からは妊娠しやすくなるよ、と漢方を処方されました。

「体を温める薬なんだけど飲んで1ヶ月で妊娠した人もいるから」と
励まされたほど。

”すぐに妊娠できたらどんなにいいだろう。”

”できるかな。
できなかったらショックを受けそうだな”

と不安はあったものの、その月の生理は”デトックスだったわ〜”と思えるほど調子がよかったのです。

”もしかしたら”という期待もありました。

永嶋泰子

タイトルとURLをコピーしました