新しい命と応援されるまで(2)奇跡を乗り越えた妊娠

こんにちは、永嶋泰子です。

翌週の10月7日に訪れた大学病院。

心拍らしきものがエコーで確認できたものの、

「7週くらいだね。
ちゃんとした心拍を確認できるように来週も来てくださいね。」と慎重な姿勢。

そして、話は今後のことへ。

主治医である2歳年下の女医は婦人科から婦人科に異動していました。

「私は婦人科担当だから、ずっと泰子さんを診ることはできないのね。

いずれは産科の先生に診てもらうことになるけど、
その前に(産婦人科)教授に診てもらえないか聞いてみようと思うんだ。

前回のこともあるし。」

前回、24週で出産となった私はハイリスクを抱える妊婦でした。

「それから前回、早産だったから今回も入院になる可能性があるけれど。
せめて20週以降がいいかなと思ってる。」

不安しかない私は、すぐにでも入院することすら厭わないと考えていました。

けれども、そもそも症状のない入院はできないこと。

さらに最長36週(妊娠10ヶ月)までの入院となると、数ヶ月の病棟生活は”かわいそう”という思いが
あったのだと思います。

そして1週間後の10月14日。

無事に心拍確認。

右の子宮に赤ちゃんがいることが判明。

「右の子宮に赤ちゃんがいるってこと、ちゃんと覚えておいてね。」

と医師に念を押されたのは、双角子宮の人は右の子宮で妊娠しやすいから。

通常、子宮はひとつ。

しかしながら、双角子宮の場合、左右に分かれており、
左の卵巣から排卵された卵は左の子宮のみ、
右の卵巣から排卵された卵は右の子宮のみ、
受精し、着床するのです。

そうして、いくつもの奇跡を乗り越えて、受精、着床した命は
やっと心拍まで確認できたのでした。

永嶋泰子

タイトルとURLをコピーしました