新しい命と応援されるまで(6)最悪な張りだった。

こんにちは、永嶋泰子です。

すでに座ることは限界でした。

大学病院は2、3時間待つのは当たり前。

お腹の強い張りを感じ「横になりたい」と受付に訴え、診察室にあるベッドに横になっていました。

”早く、診察を受けたい”

それだけでした。

……

どのくらい待ったのか。

診察を受けるのは、初めての医師でした。

主治医はこの日は外来の担当におらず、
とにかく早く診察してくれそうな医師でお願いします、と受付に言ったのでした。

エコーで子宮頸管長を計測。

「あー、これは切迫流産だね」
と、大きな声。

きっと、何事もない人だったら
”切迫流産”と言われた瞬間に頭が真っ白になるだろうな、と思いながら、私は冷静に受け止めました。

気になる子宮頸管長の長さ…。

「子宮頸管長は3センチ、
とにかく安静にすることだね」

3センチであればなんとか入院を免れることのできる。

しかし…

前回の早産で経験したようにずっと3センチでいられるはずがない。

張りはあるのだから、すぐに短くなってもおかしくない状況。

「入院できませんか。」

病棟が満床であれば断られる可能性が高く、症状としては自宅安静もありうるグレーゾーン。

しかし、幸いなことに前回の経緯を考慮され、そのまま入院することができました。

案内されたのは婦人科の病棟。

このとき、私以外の人は経過観察的な意味を含んだ、状態が良くなれば退院させるつもりの入院でした。

産科には重篤な患者があふれているのです。

しかし、その後の検査結果は最悪なものでした。

結果…

お腹の張りは想像以上にひどく、3〜4分に1回の規則的な張り。

妊娠において規則的な張りは、陣痛につながるものであり決してよいものではありません。

私は、その日のうちに産科病棟へ移動になったのでした。

永嶋泰子

フォロー&メッセージを頂けると大変うれしいです。