ママである前に、一人の人間として

こんにちは、永嶋泰子です。

先日、おしゃれでフォトジェニックなお店にランチに行きました。

こちらのパフェがとっても気になっていたのです。

息子と二人で半分こ♡

ほっぺが落ち落ちになるくらい、とってもおいしかったのですが
ひとつ気づいてしまいました。


自分のランチを注文するとき「息子の好きなものを注文しよー」
と当たり前のように思うこと。

無駄がないよね、
息子も食べれていいよね、

みたいな。

なにも、疑問を持っていなかったのです。

ですが、ふと思ったのですよ。


はて?私の好きなものはどうなるの?

というわけで、

トリュフソースのステーキを頼んでみました♡
(しかもランチにお値段3500円、なかなかドキドキしました)

お子様ランチ

右上がフィレステーキ。



とーってもおいしかった♡

とーっても幸せだった♡

生きててよかった!って思えたレベルでした。

ママになると、子どもと自分が一体のようになってしまうことがあります。

子どもファーストになり、息子が好きなものを選んでしまうんですよね。

たまには、勇気を出して自分が好きなものを選ぶ感覚を優先する。

ママである前に、そのままの私と向き合うこと。

それが、そのままの私を自由に表現するための第一歩。

>>ランチしたお店はこちら
HIROSHIMA 2016 RESTAURANT UNDER THE SKY

今日も穏やかな日であることに感謝♡
ありがとう。

▶︎「あなたに会いたい」と共感される発信
▶︎小さな子どもと一緒に過ごす働き方
▶︎感性を花開かせて豊かさを手に入れる

気になる方は、メルマガへどうぞ。

永嶋泰子

フォロー&メッセージを頂けると大変うれしいです。