絵本『14ひきシリーズ』が届けてくれるあったかい気持ち

こんにちは、永嶋泰子です。

私が大切にしたい価値観の中のひとつに”時間にあくせくしない”というのがあります。

ひとつひとつ丁寧に、そして丹念に。

それを自分に言い聞かせながら。

.

幼いころから絵を描くことが好きで、
このところ1日15分絵を描くことを習慣にしています。

今回は、大好きな絵本『14ひきシリーズ』の模写。
>>14ひきシリーズ

自然のなかで自然の恵みを受けながら、
小さなねずみの家族が力を合わせてくらす世界観が好きなのですね。

模写したら、なぜ好きなのか。

その理由がわかりました。

いわむらさんの持つ、自然や小さな動物たちの営みに対するやさしい目線。

それを絵で表現するために
色の選び方、1匹ずつの表情、絵の具の運び方にひとつひとつ丁寧なこだわりがあったのです。

だから、息子に読み聞かせしながらあったかい気持ちになったのですね。

ひそかな夢。

コロナが落ち着いたら息子と一緒に絵本の丘美術館に行きたいな~。

永嶋泰子

フォロー&メッセージを頂けると大変うれしいです。