世界観は自由に大らかに

こんにちは、永嶋泰子です。

今日は泰子おすすめ1冊をご紹介させてください。

>>田坂広志『直観を磨く』

「直感=気まぐれな思いつき」くらいに思っていた私。

ですが、この本を読んで「気まぐれな思いつき」の認識を改めたんですよ~。

なぜかって?

実は、思いつきは思考を深めた最後のステップだからです。

つまり、深い深い思考の末に生まれるもの。

ちなみに初歩ステップは、「論理思考」なのだそうです。

意外じゃないですか?

というのも、論理思考は会社でよく使われる思考だからです。

たとえば、新しい企画を出すとき
論理的に説明しないと…「で?何がいいたいの?」と責められるのがオチ(トホホ)。

 

論理思考が苦手な私からしたら「直観?そんなにすごいの?」って感じですが。

 

最高学府の東大を出られて、日本有数のの頭脳集団「日本総合研究所」を立ち上げた

著者の田坂さんは、いわゆるバリバリの論理思考でいらっしゃいます。

その方が「論理思考」の限界を感じていらっしゃるんですね。

それよりも、直観!とおっしゃっているんですよ。

(直観派としては、なんとも嬉しいかぎり♡)

.

実は、直観が「世界観を生み出す」源泉でもあります。

世界観は、自分の感性にあるもの。

世界観を生み出す極意を、知りたい方はこの本からどうぞ。

>>田坂広志『直観を磨く』

ここまで読んでくださりありがとうございました。

今日が素敵な1日になりますように。

タイトルとURLをコピーしました