きゅうり一本にも価値を感じてもらえる、すごい世界観

こんにちは!永嶋泰子です。

今日はきゅうり一本でも世界観を生み出せる、お話です。

….

昨年6月から月イチで通っていた「ベジモ有機野菜スクール」を卒業しました!

ありがたいことに卒業証書までいただいて。

スクールは、のどかな畑にあります。
(ビニルハウスのなかで講義を受けていましたw)

山間にある畑はウグイスの声が響き渡り、満開の桜、小川のせせらぎもが聴こえる
最高に贅沢なところ。

ベジモで何を学んでいたかというと…

野菜の育て方~農業経営まで農家に必要なこと、いっぱい・全部です(笑)

具体的にはこのようなカリキュラムでした。

・有機農業ってなに?
・慣行農業/有機農業/自然農法のちがい
・土壌について
・植物の栄養について
・病害虫について
・農業経営について

余談ですけど、私がいちばん萌えたのは、「農業経営」でしたw

なぜなら、

経営=世界観

だからです。

卒業の日のテーマが農業経営で、ベジモ社長の小林さんから熱い熱いお話を頂きました。


農家だけでなく、情報発信に活かせるところ満載!ですので、ど~んとシェアいたしますね。

.

小林さんのお話で
印象に残ったのは、こちらです。


↓    ↓

「自分の野菜にどんな価値があって、どんな人たちに届けたいのか。

じっくり考えないと、行き詰ってしまいます。

いいものを作っていれば売れる、と思ってはじめる人が多いけれど
3年で廃業するのが現実なんですよ。」


いいものと売れるものは軸が別なのですね。


だからこそ、
自分がお届けするものにどんな価値があって、
どんな人たちに届けたいのか
が、めちゃくちゃ大事!!


自分の野菜にどんな価値があって、
どんな人たちに届けたいのか。

まさに、ここが世界観です。

そして世界観が決まれば、届けたい人に届ける方法
「売るためのルート」が自動的に決まるのです。

売るためのルートは、スーパー・産直などほかにもありますが、
ベジモは、直接お客様にお届けしています。

なぜかというと、

「生でかじれるくらい安心・安全なお野菜を、受け取りやすい価格で
お客様にお渡ししたい」情熱があるからです。


日本の法律では、有機JAS認定がなければ、「有機」「オーガニック」の表記で
お店に並べてもらうことができません。

ただし、有機JAS認定は、とてもお金がかかります。

そのお金が、転嫁されるのは、お野菜のお値段。

つまり、私たち買う人たちに負担が生じるんですね。

それでは、安心・安全なお野菜を多くの方に届けられない。

安心・安全なお野菜を受け取りやすい価格でお届けするために
あえて、有機JAS認定を取らず直接、お客様にお届けするルートにしたのです。


これが、ベジモの世界観です。

ちなみに、情報発信に置き換えると

自分の活動にどんな価値があって、
どんな人たちに届けたいのか。


ここをじっくりと決めることが、スタート。

そしたら
どんな発信をするのか、発信ツールをを使うのか、が自動的に決まります。
「あなたに会いたい」と言われる世界観が生み出されます。

.




きゅうり一本でも価値を生み出せるのが世界観。
ということは、私たちのなかには価値がいっぱいあります。

自分のなかにある価値を信じて、どんどん世界観を発信していきましょう!

メルマガでは、もっとくわしくお伝えしています。

5秒で登録できますので、ご自由にお受け取り下さいね。

タイトルとURLをコピーしました