世界観はひとそれぞれ!「どうせ食べるなら、安心して食べられるお野菜と一緒にいたい」

こんにちは、永嶋泰子です。

まったり、のんびりウグイスの鳴き声、満開の桜、
清水のせせらぎを聴きながら

本当に贅沢すぎる学びを頂戴したベジモ有機農業スクール。

※くわしくは昨日のブログをどうぞ。
>>きゅうり一本にも価値を感じてもらえる、すごい世界観

もうひとつ、ベジモのおすすめ!

ベジモ野菜食堂のお弁当です。

>>くわしくはベジモ野菜食堂のInstagramへ

ふだん広島市安佐南区緑井でお弁当を買うことができるのですが、
当日は、シェフの方がスクールのある畑まで持ってきてくださいました。

この畑で採れたお野菜をふんだんに使った彩ゆたかなお弁当。

思わず「わぁ!」と歓声!!

子どもが安心安全に食べれるものを!というのがシェフの世界観。

唐揚げに使う米粉からつくったというのだから、驚き!

実際に、お話をさせていただいのですがお料理に対する情熱が熱く、熱く伝わる方でした。

さらに、これは別のスタッフの方からお聞きしたのですが、
安心安全に食べれるを追求した結果、
調味料のもととなる原料にもこだわっているのだとか。

業者さんには「ここまで、こだわる人いない」と言わるほどだそうです。

自然の循環を活かして、育ったベジモの野菜たち。

野菜そのものの味が濃くて、おいしいんですよーー。

子どもも大人も、安心安全においしいお野菜が食べられる
そんな環境に大感謝です。


ベジモは卒業したけれど、これからも有機農業や自然農法は学び続けていきますよー!

ここまで読んでくださりありがとうございました。

今日が素敵な1日になりますように。






タイトルとURLをコピーしました