ノーテレビ・パソコン・スマホでわたしが調う①

こんにちは!

午後5時には

スマホの電源を落として

午後7時に息子が寝て

静かな夜の時間。

「あえてテレビもパソコンも

オフにしたことで

こんなにもゆったりと

過ごす時間があるんだ~」

と昨晩にんまりした泰子です。

なんかね、

この時間がものすごく豊かで。

だって、

何をするわけでもなく

ただただ

【感性】

を研ぎすませている時間。

自分の好きなことだけをして。

わたし、こういう時間を

もっともっと大切にしたくらしを

したいんだな~って

改めて感じたのでした。

絵を描くとき極上の豊かさを感じます。

それは、

【好き】

を強みにつなげるという

わたしのポリシーに根源があります。

【好き】

がわからないって人の中には

「いつもやることに追われている」

ことが多いんですよね。

たとえば、

1日のスケジュールを振り返ると

分刻み。

朝起きる→メイク→朝食づくり→家族を起こす→食事→仕事へGO

帰宅後も

夕食づくり→入浴→翌日の準備

とすべてが流れ作業。

効率はいいけれど、

まるでロボットのよう。

このくらしでは

【好き】

がわからなくなって当たり前。

なぜって?

流れ作業に

人間らしさを活かす隙がないからです。

人間らしさとは、

「好き」「嫌い」

「美しい」「美しくない」

という

【感性】

のこと。

そう、

【感性】

を殺して生きているんですね。

「そうはいっても…

感性を研ぎすませる時間なんて

ないですよ~」

というのが現実。。

たしかに、

現代の女性はあまりにも忙しい。

「流れ作業のままの人生でいいの?」

とあえてきつめの問いかけをします。

きっとこのブログを読んでる方は

「そんなのイヤ!」

ですよね。

というわけで

次回は、忙しい中で

感性を研ぎすますにはどうする?

というお話をいたしますね。

それでは、また!

タイトルとURLをコピーしました