心がぐーーんと前向きになる、小さな習慣(2)

こんにちは!永嶋泰子です。

自分を

「ほめる」

ことができるようになれば

必要以上に落ち込むことがなくなります。

だけど、

「ほめる」

が苦手な人が多いんですよね。

なぜ、苦手なのか?

それには原因があるんです!!

.

人と比べてしまうことってありませんか?

「まだまだ!」と

自分を追い込んで

できないところを探すような。

向上心があるともいえるけれど、

追い込み続けたら

誰だってくたびれてしまいます。

で、ですね、

「まだまだ!」と追い込む場合、

好きじゃないことである可能性が高いです。

.

本当に

【好き】

なことであれば、

誰かと比較することはないからです。

もしくは

【好き】

なことだったとしても

追い込むような状態になっている時点で

【好き】

がなくなっています。

本当に好きなことってね

人の評価や

うまい・下手は気にならないのです。

なぜなら、夢中になってるから。

夢中になってるときは

周りなんて見えていないもの。

いわゆる、

『心が無の状態』とでもいいましょうか。

だから、うまい・下手で落ち込むこともないし

ちょっとできるようになっただけで

「うれしい!」

って思えるものなのです。

.

その代表選手が子ども。

子どもは、日々成長しますが

特に6歳くらいまでの子どもって

「わたしできないから」

なんて落ち込むことは少ないのです。

日々、チャレンジ続けて

日々、成長している。

で、大人からほめられると

嬉しくて、どんどんチャレンジ。

その繰り返し。

.

わたしたち大人も子どもと同じでいい。

かつては、わたしたちも子どもだったのだから。

人間の本質は、同じです。

「ほめ」

が成長のチャンスを運んでくるのです。

.

「夕飯をつくれたわ!わたしすごい!!」

「子どものお迎えに行けたわ!わたしすごい!!」

小さなことでOK!!

今日から

「わたし、すごい!」

を小さな習慣にしてみて。

タイトルとURLをコピーしました