ニューノーマルを生き抜く才能の見つけ方(4)

こんにちは、永嶋泰子です。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

これまでの記事

ニューノーマルを生き抜く才能の見つけ方(1)

ニューノーマルを生き抜く才能の見つけ方(2)

ニューノーマルを生き抜く才能の見つけ方(3)

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

PHOTO BY tatsuta.senri

さて、昨日はお気に入りのノートとペンで

今日のテーマを書いていただきましたね。

振り返ってどんな1日でしたか?

わたしは「面倒くさいことも丁寧にする」がテーマ。

できたことも、できなかったこともあったけど

「頑張ったな~」と幸せな気持ちになりました。

で、ですね、

振り返りでポイントがあります♪

できた/できない

にフォーカスしなくていいということ。

「え?できていなかったら、よくないことなんじゃないの?」

と思われましたでしょうか。

確かに、できなかったことには理由があり

反省すべきかもしれないですね。

ですが、できなかったことにフォーカスしても

「やっぱりダメなんだ~」って落ち込むだけ。

落ち込んでも、何かがよくなるわけではないので

やらないのです。

.

こんなご経験ありませんか。

仕事で怒られて落ち込んで…

何気なく出た電話が

お客様のクレームでますます落ち込む…

さらに、仕事のミスが発覚して

もっともっと落ち込む…

そんな風にマイナスのループにハマってしまうこと。

落ち込みは落ち込みを引き寄せるし、

逆もしかり。

楽しいことは楽しいことを引き寄せる。

せっかくだったら、楽しいことをどんどん引き寄せていきたいですよね!

楽しいことの周りには、楽しい人が集まって

もっともっと楽しいことが拡がっていくから。

だから、落ち込むような反省会はしなくて大丈夫♡

では、どういう風にしたらいいのかと言うと…

「なんでできなかったのかな?」

と自分に問いかけをするのが、泰子スタイル。

ちなみに問いかけするときは

「なんでできなかったのよーー(怒)」

という怒りモードではなく

「なんでできなかったのかな?」

と5歳の子どもに聞くように、やさしく聞いてあげてくださいね。

そして聞いてあげた答えは

否定をせずに受け止める。

これだけでOK!

いかがでしたでしょうか?

この積み重ねをしていくと

自分がわかり、強みも見えてきます。

わたしも日々、お気に入りのノートとペンで積み重ねています。

一緒に積み重ねて、どんどん強みを見つけていきましょう♡

↓   ↓   ↓

タイトルとURLをコピーしました