「返信に傷つく」そんな時は。。。

𓂃𓂃☘︎𓂃𓂃☘︎𓂃𓂃☘︎𓂃𓂃

育休復帰のライフワークに悩む女性へ
ノートを使って軽やかなキャリアをつくる方法をお伝えしています

𓂃𓂃☘︎𓂃𓂃☘︎𓂃𓂃☘︎𓂃𓂃

.

「1年経っても産後なのよ」

一カ月健診で保健師さんに言われたこと。

.

5年前を振り返っても、たしかにそうだったなと思います。

ホルモンが不安定。傷つくことが多かったのです。

.

たとえばメッセンジャーのやりとり。

「なんでこんな言い方をするんだろう…」とモヤモヤ。

なぜか悲しくなって、すぐに返信できなかったことも。

.

それまで、モヤモヤを抱えることはなかったのに。。

(ラインで既読スルーされても気にしない女w)

.

やっぱりね、ホルモンの不安定と疲れがありました。

.

そんなときは、ムリして返信しなくていい。

一晩寝かせておくくらいがちょうどいい。

.

夜に届いたメッセージを翌日に返信するというワザをよくやっていたのです。

すると、「え?なんで傷ついたんだっけ?」と思いだせないことも。

.

産後は、心も体も敏感です。

息子1歳のときの日記を読みかえしたら、こんな一文が出てきました。

(きっと疲れていたのね、と思って読んであげてください^^)

.

「こんなにかわいそうだけどけなげに頑張ってる自分エライ」
「毎日ひとりで育児フントウしてエライ」
「体こんなにつらくてもがんばってエライ」
「だからほめて」
「だれかほめて」
「私こんなに頑張ってる!!」

.

.

念願のお母さんになれて、たのしい子育て。

とはいえ、現実はたのしい日もあれば、そうでない日もありました。

元パートナーに心ないことを言われて、「わかってもらえない」と落ちこんだこともありましたっけ。

(だれだって寄り添ってほしいよね。)

.

.

でもね、元パートナーが悪いわけではないんですよね。

もちろん、自分が悪いわけでもない。

.

ただ、すご~く疲れていたんだな、と思うのです。

主婦も子育ても妻としても「ちゃんと」しなきゃと追い詰めていたんだな、と思うのです。

.

だから、ムリしないことを最優先に。少なくとも、1年は産後です。

わたしの感覚で言いますと、子育てしている間は産後です。

本当にそのくらいの思いでいい。

.

子育てって、それくらいの一大プロジェクトだから。

だから、頑張りすぎなくていいんだよ。

あなたは、すでに頑張っている♡

.

まずは、そんな自分を褒めてあげよう。

タイトルとURLをコピーしました