信頼が美しいお金を生み出すくらし

はじめまして。永嶋泰子です。公式ホームページに来てくださりありがとうございます。

ご縁をいただきましたことに感謝いたします。

 突然ですが、あなたはこんな本音をもっていませんか?

・会社に勤めつづけていいのだろうか?

・いまの仕事は他の人でもできる仕事

・もっと自分らしく働きたい

・小さな子どもがいて離職している

・介護しなければならず離職している

・子どもに「おかえりなさい」を言える働き方がしたい

・専業主婦な私は価値がない

・子どもの学費が不安

これらの思い、かつての私はずっと持っていました。

欲を言うなら「好きな人に囲まれて好きなことを仕事にしてお金を頂けたらいいのに」と思っていたのでした。

その願いが等身大の私を表現することで叶うといったら、驚きますか?

さらに「あなたに会いたい」と共感してくださる方とつながることができるのです。

それが、私のお伝えしている美しいお金を生み出すくらし。

なぜ、私が等身大の私を表現することでお金を生み出せるようになったのかについて、少しお話させてください。

きっかけは、2014年末に生後29日で娘を亡くしたことでした。

一見すると、子どもを亡くすことはどん底で絶望で闇です。
 
でもね、この経験があったおかげで、「自分に正直に生きる」私に生まれ変わったんです。
 
自分に正直に生きる=等身大の私を自由に表現していくこと。
 
そのために、私は30年以上ぎゅっと握りしめていた「人に嫌われてはいけない」という思い込み(価値観)を手放したのでした。
 
というより、当時は手放さざるを得なかったんですよね。
 
ものすごいストレスを抱えていたのです、当時は。
身近な人を亡くすというのは、人生ベスト5のストレスを感じる出来事と言われています。
 
感情をコントロールできずに、ちょっとしたことでイラっとして相手に噛みつくこともあったほどでした。
 
ですが、一方でいままで言えなかった本音も出てくるようになったのです。
 
まるでダムの壁が崩壊するように、ドバーっと本音が大放出。
 
同時にたくさんの思いこみ(価値観)を手放すことができたのでした。
 
はじめてでしたね、誰彼かまわずに本音を放出できたのは。
 
いままでは、「こんなこと言ったら嫌われる」と思いこんでいたのが、「もう嫌われてもいい!私は私の本音を言う」に変わったのですから。
 
最初の頃は本音を言ってうまくいかないこともありましたよ。
 
でも、あきらめなかったんです。
 
だって本音を言わなければ、永遠に自分の思いを表現することができないのだから。
 
私は、娘に出逢ったおかげで等身大の私を表現できるようになったんです。
 
いい人、仕事をちゃんとする人、〇〇会社に勤める人、という世間が貼るレッテルの私でなく、素の私で。
 
その後、「もっと自分らしくのびのび表現したい」と9年の結婚生活にもピリオドを打ちました。
 
結婚生活にピリオドを打つときは、悩みましたよ。
 
悲しい出来事を一緒に乗り越えて、息子の妊娠中は全力で支えてもらったほどの絆を持っていると私は思っていたから。
 
でもね、どう頑張っても元夫とは価値観が合わなかった。
 
180度違ったんです。
 
いい奥さん・いいママを求める元夫と、自由に表現したい私と。
 
「それはわがままじゃないの?」と自問したこともありました。
 
でも、最終的に私は自分の感覚にしたがうことを選びました。
 
だって、人生は一度きり。
 
・本音を隠した先にあるものはなんですか?
 
・イヤなことに耐えれば報われると、本当にそう思いますか?
 
私は、本音を隠した先には「偽りの人生」しかないし、後悔しかないと考えています。
 
そして、イヤなことに耐えても報われることはありません。
 
幻想。
 
思い込みなんですよ。
 
事実としてあるのは、「生きている」ということだけ。
 
せっかくだったら、私は愛し愛され、人生を楽しんで生きていく。
 
そのひとつとして、
 
等身大の私を自由に表現して
 
その表現を「いいな♡」と思ってくださる方と信頼でつながり
 
夢を実現していく場を創り上げていく
 
これが私の言う「美しいお金を生み出す世界」なのです。
 
そしていま。
小さな子どもがいても、平凡な主婦でも、インターネットのおかげで家にいながら、日本全国だけでなく全世界の方とつながっています。
 

とはいえ、「そのままの自分を自由に表現するにはどうしたらいいのでしょうか?」

総務省が公表しているデータをみても表現できる日本人の割合はたった5%

これが日本の現実。

45%が表現しているアメリカに比べると自由に表現できない方が、とてもとても多いのです。

背景には、

「みんなとおなじが素晴らしい」

「同調圧力」

「空気を読むべき」

といった日本独自の風土があります。

 
ですが、私は切に思うんです!!
 
ご縁あってこのホームページに出逢ってくださったあなたには、そんなところで躓いてほしくない!
 
それよりも、ご自身のありたい理想に向かって突き進む方にエネルギーを使っていただきたいです。
 
だから、あえてお伝えさせてください。
 
周りがいくら騒ごうとも、自分軸さえ持てば自由に表現することができます。
 
その結果、私はどうなったかといいますと…
 
2020年はコロナ狂騒曲に振り回される世間を横目に、最も穏やかに過ごすことができたのでした。
 
さて、メルマガでは等身大の私を自由に表現していくあり方を惜しみなくお伝えしております。
 
「あなたに会いたい」と言われる発信(表現)をしてみたいと思いませんか。

ここでは、メルマガを読んでくださっている、みなさまからのご感想をほんの一部掲載します。

ご確認いただければと思います。

★ ★ ★ ★ ★

泰子さん、おはようございます^_^
いつもたくさんの気づきをありがとうございます!
今日も素敵な一日をお過ごしください

★ ★ ★ ★ ★

今日は様々な気付きが出来ました。
いつもありがとう。

★ ★ ★ ★ ★

いつもありがとうございます。
泰子さんの日常が満たされている感が
伝わってくる豊かなメルマガに癒されます。

★ ★ ★ ★ ★

積み重ねで本当に欲しいものや機会、
人に出逢えるのではないかなと感じています!
今日もありがとう!

★ ★ ★ ★ ★

泰子さんのメルマガのおかげで、
今、幸せを感じられてるのは、
私が自ら行動した結果なんだと
改めて思えて、さらにハッピー感が上がってます♪
本当にありがとうございましたm(_ _)m

★ ★ ★ ★ ★

追伸:

すでに新聞などで報じられている通り、新型コロナウィルスの影響で大企業ですら、簡単に倒産する時代になりました。

とはいえ、愛おしい子どもの未来をお金を理由にあきらめさせたくないですよね?

私は、あきらめさせたくないです。

「進みたい道を全力で応援するよ。だからお金のことは気にしないで」
と言える私になる、と決めています。

文部科学省のデータによると幼稚園から大学までオール公立で541万円必要。

オール私立だと1,830万円。

アメリカのように大学だけで、年間数百万になる可能性だってあります。

先行きの見えない時代だからこそ、これからの荒波を乗り越えるために。

勇気を出して踏み出していただきたいと思います。

人生の中で一番若いのは今日。

一日でも多く、チャレンジできる日を増やし新しい世界へ布石を打ちましょう。

「全力であなたを応援する」

と言える私になるために。

次回はメルマガでお会いしましょう。

あなたにお会いできることをたのしみにしております。

永嶋泰子