世界観の生み出し方

天使のむすめのこと(8)夜がくるのが怖かった。

こんにちは。永嶋泰子です。 MFICUに入院することになり、たくさんの点滴をぶら下げ瞼をあげる筋肉すら衰えた私の姿。 「あなたの体が大事なんだから、お腹の赤ちゃんは諦めてもいいんだよ。」 そんなことを夫と母は言うこともあ...
子育て

天使のむすめのこと(7)マグセントの副作用と「出産」のせめぎ合い。

こんにちは。永嶋泰子です。 転院の翌朝。 MFICU(母体胎児集中治療室)の病床に移動。 ここでは1日3回の血液検査、検温に加え、ウテメリン、マグセント。 そして子宮内感染が疑われるため抗生剤の点滴がはじま...
子育て

天使のむすめのこと(6)前期破水と子宮内感染の疑い。

こんにちは。永嶋泰子です。 病院に到着したのは22時近くだったと思います。 (時間のわかるものを身につけていないので逆算しての時間。) すでに外来はしまっており、「夜間通用口」から産科のある病棟へ担架で運ばれまし...
子育て

天使のむすめのこと(5)救急車で搬送そしてMFICU。

こんにちは。永嶋泰子です。 「もっと設備の整った病院へ。」 そう言われて慌ただしく転院の準備がはじまりました。 看護師さんの受け入れ先を探す電話の声が病棟に響きます。 私は、体を冷やさぬようにと湯たんぽや毛...
子育て

天使のむすめのこと(4)覚悟がないままの入院。そして夜間の救急搬送。

こんにちは。永嶋泰子です。 6ヶ月検診で子宮頸管長が短いと指摘された2日後。 ※子宮頸管長は通常4センチほど。出産が近づくにつれ短くなりますが妊娠6ヶ月ですでに3センチになっていたのです。 ふたたび病院へ。 ...
タイトルとURLをコピーしました